トヨタプリウスを買うなら中古相場価格より新車値引き額の方がお得です!

トヨタ プリウス 価格

新型プリウスってカッコいいから大人気ですよね!

6901

 

新型プリウスって未来的でガンダムっぽくてカッコいいですよね♪
発表された時の写真に心を奪われました(笑)

 

私がそう感じるってことは、世間の方々も同じなんでしょう。
発売以来プリウスは大ヒットとなっているようです。

 

中古車を探してみても「新車と変わらなくないか?」っていう値段だったり。
でも、ビックリしました。

 

いまだに自分でも半信半疑なんです。
ネットサーフィンするうちに、ふとこのサービスが目に止まったんです。

 

それは「新車流通革命」です!!

 

6899

 

プリウス専門に新車販売をする会社さんです。
新車を買うときは、通常は、最寄りのディーラーに行きますよね。

 

そこで、値段を交渉していくのですが 個人でディーラーと値引き交渉するのには限界があります。
なぜなら ディーラーもメーカーから新車を仕入れて販売しています。

 

新車のディーラーは、地域ごとにエリアを分けて存在しており、 それぞれ自社の商圏を守って販売しています。
ですので、そもそも他社と競合することが少ないのです。

 

プリウスなどの人気車は、全く値引きをしないで販売しているディーラーも珍しくありません。
商圏考慮必要ない「新車流通革命」はディーラーから新車を卸してもらい全国へ値引き販売ができるんですね。

 

プリウスを卸すディーラーも販売台数が稼げ、個人へ直販ではないので商圏外への登録でも問題ないのです。
購入者としてもプリウスを安く買うことができるので、みんながWin-WinでHappyなサービスなんです!

 

プリウスを新車で買われるのでしたら どこよりも安い価格で買えるんです。
これなら値落ちの少ない中古車を買うよりもお得MAXですよね。

 

人気のオプションが取り付け込み激安!
特別金利キャンペーン1.7%?でどこよりもお得!

 

もちろん、全国納車OK!
保証に関してもディーラーと同じ5年保証!

 

最長120回ローンもOKなのでお財布に優しいですね。
グレードやカラーも自由自在です。

 

下取りや引き取りも対応してもらえます。
納車後は近所のトヨタディーラーでメンテやアフターサービスが受けられるのも嬉しいですね

価格だけじゃない「新車流通革命」で買うメリット

新車流通革命でプリウスを購入するメリットは、価格だけじゃないんです!

 

・通常ローン金利6.8%のところ、最大1.7%でご提供!
金利差額はなんと730000円以上!!
他店と比べて負担額を減らすことができます。

 

・苦しい時は、お支払いのストップもOK!
事前にお申し込みいただければ、毎月のお支払いも一旦ストップできます。
急な出費が必要になった時でも、安心できるカーローンです。
こんなローン、他では聞いたことがありません!!

 

・常識破りの最長120回払いの10年ローンもOK!
10年ローンなのに、他社の84回払いと比べても140,300円も安いです!
新車購入に向けて余裕のある支払い計画をたてられます!

 

といったように、
新車流通革命にしかできない独自のローンサービスと流通経路が最大の強みです

 

  • 新車を手に入れたいけど、収入が不安定。
  • 金利が高くて毎月のローンが支払えるか不安。
  • なるべく安く新車を手に入れる方法が知りたい。

 

こんな方には強い味方になると思います。
ガソリンが高騰している今、エコカーであるプリウスを安く買って10年乗るのは賢い選択だと思います。

 

これだけじゃありません!

 

事故時や修理時の代車を無料で使えたり、他社では有料となる希望ナンバーを無料で取れるんです。
その他、オイル交換やメンテナンス、車検が格安の特別価格で受けられる特典もあります。

 

革調シートカバーなどが貰えるキャンペーンも毎月やっています。

 

 

こんなに特典がモリモリ山盛りなのに、新車流通革命を使わない理由はないですよね!?

 

どこで購入してもトヨタの新車に変わりありません。
転勤や引越しの為購入店以外で点検といったケースもあります。

 

アフターメンテナンスはお近くのプリウス取扱いトヨタディーラーでも受けられますので遠方でも大丈夫です。
嫌な顔をされたり断られたりすることはありませんのご安心です!

 

利用した自分が言うのだから間違いなしです。
顧客満足度はナンバー1と断言します!

 

>下記公式サイトから問い合わせをどうぞ<

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

....

トピックが沸騰している新しいタイプのプリウスの値引き価格。私は購買を考えている人はほんのわずかだと思います。州への配達まで数ヶ月待つ。早期の配送を希望する場合は、早期発注をお勧めします。以下、私はどのような車を紹介したいのですか?

 

これは非常に不可欠なハイブリッドシステムだと言われていますが、基本はそれほど変わっていないし、「新しいタイプのハイブリッドは何ですか?」と言われましたが、98馬力の1.8リットルのエデン+ 72馬力のモーターでは、動力伝達機構で前輪を駆動するのは "THS 2"のままです。

 

JC 08モードの燃費において、良好な燃費グレードが40km / Lを達成しました。それは小さい1.5リットルのハイブリッドアクア(37km / L)を上回った。圧倒的な世界最高の燃費効率です。

 

他のメディアではあまり言及されていませんが、暖機運転を加速するエンジン冷却システムやラジエータを過冷却しないようにラジエータエターシャッタなど、燃料消費よりも実際の燃料消費を改善する技術があります寒い時には多くが導入されました。実用燃費も10%以上向上すると思います。

 

これらの燃費対策は、寒冷地の低燃費と暖房能力の不足を解決し、プリウスの値引き価格の最初の4WDも設定されています。モーターを使い果たして後輪を運転することは、速度範囲が低いところで上り坂または下り坂に走ることに限られますが、最終的には雪の多い地域でも燃費の良いプリウスの値引き価格を使用したいと考えています。

 

現在の燃費を追求したモデルから、よりバランスの取れた自動車へと進化

 

大きく変化した体は体です。それは現在のモデルよりも長さ60mm、幅15mmで、サイズによって4540mm×1760mmにアップグレードされました。時には、私は後部の床の下に駆動ベルトのリーダーの取り付け位置を移動し、大きなスペースも大きく拡大した。車のレーティングはプリウスの値引き価格より高いです。
このデザインは、燃料電池車「みらい」に似た雰囲気を持つだけでなく、車体の後部などの現在のプリセットに共通のテーマを残しています。実際の車は、写真を見ると「失敗感」があるかもしれませんが、実際の車は個性が好きです。少しでもデザインのせいで評価を下げることはないと思います。

 

アマチュアは、50km / hの車速での衝突を防止することができる緊急ブレーキ(歩行者も検知する)機能を有する新世代の自動ブレーキである。 「レーダ+単眼カメラ」のセンサを含み、通常の自動停止まで自動的に行われた先行車両追従走行制御を含む。リア&サイドのアラートも可能です。
現在のプラウは、燃費を追求したモデルです。自動ブレークに代表される事故防止装置については、Tecnicaはほとんど存在しませんでした。安全性は現在、燃費と同様に重要です。最後にプリウスの値引き価格はバランから発注される車にもなります。現実は心が不明です。私はそれが大きな値段を上げないことを願っています。
これにより、日本のデトロイトで「プリウスの値引き価格α」などと呼ばれたプリウスの値引き価格派生車が発表されました。車名「プリウスの値引き価格V」を見る。それで、厳密に言えば、私たちが日本で販売する賞金αとは異なる部分がたくさんあるようです。最初のリーダーが取り付けられているバッテリー。

 

デトロイトで発表されたPrius Vに搭載されているバッテリーをチェックするときは、現在のプリセットと同じニッケル水素タイプです。一方、日本から発売される予定のプリウスの値引き価格αは、新世代の豊かなmimeitimeとなるでしょう。しかし、燃料消費について聞いてみると、あまり変わらないようです。どうして?
米国で販売されているPrius Vのインテリアレートを見ると、2行のシート+広大な広大なスペースでした。 Compaqサイズの3列シートなど、米国では販売できないようです。ちょっと、そこ。体重が100kg以上の人は普通ですが、3列目の座席を設定することで乗り越えません。
日本の仕様は3列目シートを設定しているようだ。もちろん、車の重量が増えます。あなたが高性能のリチウムイオン電池を持っていても、燃費の低下を止める置換えがあるようです。逆に100kg以上のプリウスの値引き価格よりも重いですが、燃費がほぼ同じであれば驚くべきことだと思います。
2015年12月9日に発売された新型プリウスの値引き価格。発売までに約5万台が既に集荷されており、納期はグレードによって4?5ヶ月間で最も人気があります。

 

新型プリウスの値引き価格の主な特長はJC 08モードの燃費40.8 km / Lで、低価格で燃料消費量の特別仕様「E」のみです。ここでは2 WDのみです。

 

また、最終的に用意された電動4WD「E-Four」や「トヨタセーフティセンスP」の設定なども視野に余裕がありますが、トヨタは燃費を向上させるだけでなく、内外装の質感を高めるトヨタを新車にする段階に入ったことを示すモデルです。

 

我々は、プラットフォームとパワートレインを含む多くの部品を車の設計全体を含めて再設計しました。人材育成を含めたトヨタの新車作りを含め、「TNGA」と呼んでいるようだが、突然「TNGA」と言われてもピンが付かないかもしれない。

 

燃費のほかに、走行とテクスチャーの両方が大きく進化しています。プリウスの値引き価格と比較して、クローズドコースで試作機を試乗する機会があったが、走りの滑らかさ、しっかりとした体の感触、そしてインテリアの質感が大幅に向上した。燃費と同様に、クルマが荷物室の大きさを含めて車として進化したことは間違いありません。

 

最初に導入されたEグレード(2WDのみ)は、燃料タンク(同じタンク形状)の容量を減らして40.8km / LのJC 08モード燃費を実現します。販売グレード「S」は、2WDで37.2km / L、最初のセットで4WDで34.0km / Lです。

 

価格はE級2,420,000円、プレミアムツーリングセレクションの4WD(E-Four)は最高価格3,490,445円。最も低価格のE、LEDヘッドランプ、オートエアコンも装備されていますが、ノミナルドライブモードスイッチ(ノーマル/パワー/エコ/ EV /ドライブモード)などもあります。

 

燃費を重視する場合は、「トヨタセーフティセンス」を重要度を選択してEグレードのオプションで86,400円を選択することで、安全装備に対するある程度の満足度を得ることができます。今すぐ欲しいと思うが、来年の春まで待つ可能性があるので、急いではいけない人を慎重に検討する方がいいかもしれない。

 

新型プリウスの値引き価格は、発売後1ヶ月(ディーラーシップの販売日を基準にして)に約10万台の注文を受け、良好なスタートを切ったことはよく知られています。

 

トヨタのPR部門によると、最高級「A」グレードの51%、「S」シリーズの48%、触媒燃費40.8km / Lを誇るグレード「E」燃費特別1% 。

 

「E」グレードは主に企業ユーザー向けで、少なくとも個人的な交渉ではディーラーからの推奨はほとんどありません。
最高の "A"タイプが最も人気があるのはなぜですか? 「トヨタセーフティS」のセーフ・ドライバーサポート機能は標準装備(Sシステムは86,400円オプション)、死角モニター、インテリジェントクリアランスソナー(エントレインメントアラーム付き)、シンプルインテリジェントパーキングアシストそれに加えて、細部まで充実した設備が整っている点が高く評価されています。
さらに、プリウスの値引き価格の最初の4つのWD(E-Four)は、主に寒い気候で20%のサポートを受けているようで、ここでは雪国では標準的な選択肢になりそうです。 E-Fourは「A」グレードのみであるため、「A」グレードの人気を高める要因の1つになる可能性があります。

 

今では "A"タイプのFF、 "E"のみのFFに搭載されたリチウムイオン電池、 "A"タイプのE型のニッケル水素電池の2種類のバッテリーが搭載されています。ニッケル水素は、リチウムイオンよりも低温での性能劣化が抑制されることがあり、E-Fourがニッケル水素を使用する場合がある。

 

滑りやすい状態での2WDと4WDの差は明白です

 

E-Fourの能力は、お台場の駐車場(洗面器が鉄板に滑り落ちるように散在していた道路の表面)に用意された特別コースで試乗する機会がありましたが、2 WD 4 WDは明らかでした。 2WDは出発時に横滑り防止装置に取り付けることが難しく、滑りにくくまっすぐ走るのが難しいが、4WDは簡単に始まり、システムが動作する場面はほとんどない。

 

リチウムイオン電池やニッケル水素走行などの性能面では、ほぼ同じように制御されているように見えるので、横浜では発売前の富士スピードウェイで試運転試作会を開催していますが、公共の路上試乗を心配し、走りの感覚にほとんど違いはなかった。

 

燃費の面でも軽くすることができるリチウムイオン電池がより有利になるかもしれないが、ここでは装置の強化により「A」システムもわずかに重くなるが、実際にどのように違いが出るのかは気になる燃料消費量、2 2つの電池間で性能と燃料消費に差がないように制御されています。

 

ライディングテイストの違いは、タイヤサイズやタイヤブランドによってバッテリーに差があるという印象ですが、もちろん車両自体の個体差もあります。 17インチと15インチを準備する新しいプリウスの値引き価格が、高いボディ剛性とややタイトな乗り心地は両方のサイズに共通の印象です。

 

しかし、タイヤの内圧が高く設定されているため、「E」グレードはポンポムで跳ねるように走っているように感じられましたが、ライドに比べて少し違いますので心配する必要はありません。

 

さらに、「E」は、カバーの下のエンジンのサイレンサーが少ないために、他のグレードよりも部屋の内部にノイズがあるように見えましたが、これは、それが些細な、わずかな燃費であると言うには十分です。良いモデルが欲しい、私はそれが "E"を選択する手が十分であるという意味でもアリだと思う(これで十分です)。

 

また、左右の視界が広く、低重心であるため、運転席の姿勢を気にする必要はありません。狭い道路での乗り降りや視認性の確保を考慮すると、低い位置に座るのが良いだけでなく、前後左右の視認性の向上により、重心を下げるという実用上のデメリットが打ち消されます私は乗り越えるのが難しいとは思わなかった。
しかし、前任者よりはるかに軽量のフットワークは、毎日の走行だけでなく、高速道路や巻線を使用する長いドライブにも出かけたいと考えています。

 

パワフルなステアリングやしっかりとした感触などの「TNGA」を作る第一歩として、かなり高いレベルに仕上げた新スタイルのプリウスの値引き価格。 「味」の部分でベンチマークされたフォルクスワーゲン・ゴルフであろうと、味自体の違いと強さも最初のものとは違っていますが、もう少しプリウスの値引き価格の個性が欲しいです。

 

将来の高齢化により変化するのか、それとも他のTNGA採用車で実現するのか分かりませんが、ナショナルカーになったプリウスの値引き価格にとっては最高の共通除数「ベスト」調味料かもしれません。